2010年10月15日金曜日

超神ネイガーショー★第15回秋田県トラック協会「夢のトラック」絵画コンクール表彰式

2010年10月14日(木)は、珍しい平日の超神ネイガーショーへ。


毎年開催されている、秋田県トラック協会絵画コンクール表彰式

ショーの後も、ネイガーは表彰式に登場し入賞者の皆さんと触れ合っています。
ネイガーが檀上で拍手を送るシーンに、ほのぼのとした空気が流れるのも楽しみだから、ショーだけでなく式全部を見ることにしている。

今年もほのぼのして、カワイイ表彰式で。
こういう時のネイガーは、ヒーローとしてあくまでも毅然とした中にも、親しみやすさをブレンドした態度が絶妙で、心得てるなーと思う。

今までは「ネイガー」という動機で来場して、ただ楽しんでいるだけでしたが、毎年お邪魔しているので、こうしたコンクールが行われる背景についても、ちょっと考えさせられました。

頑張るトラック、働くトラックについて、この機会に思いを馳せてほしい……というのが主旨らしいよ。

国内貨物輸送の約90%は、トラックが担っている!

90%だと、物流のほとんどをトラックに頼っているような…。日本の経済はトラックで動いているといっても、過言ではありますまい。

長距離ドライバーは、夜間も走っているよね。マジすごい。


トラックの運ちゃん、頑張って!!


イベント内容は各地で異なるとのこと。他県の催しも知りたいですね~。

我らが秋田県のトラック協会では、毎年「夢のトラック」をテーマに、絵画コンクールを実施しているわけです。


超神ネイガーショーは、序盤はだじゃく組合が、横断歩道の間違った渡り方を教えたことで、ネイガーが豪石! ホジーネvsお客さんでの、「ネイガーを描いてみよう!」お絵かき対決をはさんで、

ネイガー&ビガビガG VSタマグラコンビ となりました。
何度か演じられてきたこのシナリオは、面白さが安定している。


握手会を行ったり、入賞者の皆さんと記念撮影したりするのが、恒例行事。
保護者の皆さん、いそいそと集合。


また来年も、この絵画コンクールが見られることを願うね。←偉そうですみまへん…。



意見を書いてもいいですか? 平日の夕方16時からでは、来られる層は限られています。それに、来場した人は両脇に用意された椅子に座りたがるから、真ん中が がぽっ と空いてしまうのが、気になってしまう……。

生意気でしょうが、例年来ていると、感じることがいろいろ出てきまして……。会場整備のかた、時間帯や入場者数に合った対応をしていただけたら、もっといいのではないかな、、と思いました。
一個人の感想です(__)