2009年10月5日月曜日

超神ネイガーショー☆第10回秋田火力発電所ふれあいデー

2009年10月3日(土)は、第10回秋田火力発電所ふれあいデーでの超神ネイガーショーを見てきました^^

当日の朝は激しい雨が降っていましたが、会場への移動中に雨雲が超高速で流れ去り、到着するとどう見ても
野外ショー決行だと思いこみ開始時刻までPR館で過ごそうとしたら、入った館内にシートが広がっていました。
念のため、午前は室内で、と判断されたようです。

午前のショーでは、
司会=部屋では響くので、シャウトなしのホワイトファング氏、
班長=ホジナシ探知機でお客をかき回すキャシー氏、
ホジーネ="火力"にちなんで、大きなマッチ棒と箱を持って登場、
それから、戦闘怪人=待望のモゾバリー&おなじみボッコレタマグラ、
という面子でした。

海に近い秋田発電は、漁船VSサメのバトルにうってつけの舞台だと思いました。
モゾバリーは小サメになっちゃった……(?_?) と思ったら、しゃがんでの登場で、あとから立ち上がって大きくなったのが、面白可愛かった😀


ネイガーが登場するまでの間は、アラゲ丸ショー状態。
アラゲ丸の横綱のようなポーズが、おともだちが楽しく真似していました。

モゾバリーとボッコレタマグラからの攻撃に、アラゲ丸が窮地に追い込まれると、「アラゲ丸~、がんばれ~~(>_<。ウワーン」と半分泣きべそをかきながら叫ぶ子もいました。
応援が本気ですっ。

ネイガーが助けに来て、
共闘で勝利!

アラゲVSモゾちゃんの、お相撲風対決は大好評ですね。
撮影タイムに、ネイガーとアラゲはしっかりポーズをきめていましたが、カッチャマンの体が若干ぷるぷる言っていたような気が……? 「カッチャマン、大丈夫ですか?」「がんばれ!」と声が飛んでいました。


.:*:・'゜★。.:*:・'゜.:*:・'゜★。.:*:・'゜.:*:・'゜★。

午後からは、完全に野外OKな天候だったので、広場で豪石! メンバー追加&別シナリオで、がらりと変わった雰囲気でした。秋晴れの下でのショーがすがすがしかった♪

司会のブルーちゃんの背後から……

ゴンボホリー王子が、大きなプラグをぶら下げてやってきました。

だじゃく組合が電気を止められてしまったので、秋田火力の第1~4号機のうち、1号機を拝借したいが、何せ広い発電所なので見つからないとか……。

そこんとこの事情は、私は発電所見学に参加したので係の方から聞いたばかりでしたが、さすがは王子、リサーチ済ってわけですか!


遠目には2本に見えるこの煙突、左が2号で、右は3号と4号(2本集合型)なのです。1号が見当たらないよね……。
(ネイガーショーに行った先で、私も勉強させていただいてるな~。)

そうこうするうち、豪石!

何回見てもかっこEネイガー😍

……ですが、お膝ゆるゆるなのが遠目にも分かりました。ひじゃかぶの高さが左右で違う!
連戦につぐ連戦ですし、何度も膝をついておともだちと握手するからでしょうね。そろそろお手入れをー。

なお、発電1号機は過去に取り壊されたので、いくら探してもありません(^^;;;

王子の持っているプラグも壊れてしまったらしく、ガムテープでお客さんに補修させてました。

作戦が決行できなくなった王子、「マイフレンド」に相談しよう……と呼び出したのは、怪人カマドキャシーでした。が、すぐ話を進めようとしてしまい、キャシーに自己紹介させるのを素で忘れていたらしい……?(笑)

キャシーのアイデアは、パンツ上げ下げの摩擦によるお馬鹿充電。→これでホジーネと手をつなげば、みんなでびびびびび……☆★★と、仲良く感電♪ →その楽しさに王子は作戦を変更し、会場のみんなを感電させてホジナシにしちゃおうとしましたが、ネイガーが再び豪石。。。
この辺の、だじゃく側のやりとりに、おかしみが漂いました。

ここから、エフリコギ&エラシグネ組がネイガーを窮地に陥れますが、マイちゃんも参戦! 言葉で説明するとどんどん長くなってしまうので、mixiやってる方は、よかったらどーがもどーぞ。

マイVSエラ戦は、女の子が女の子を持ち上げて投げたり回したり、容赦のない椎間板攻撃を重ねたりと、これまで以上に女子プロ色の濃い内容でした。久々に付いたホリー王子の実況も、プロレス色を強めていました。強いぞ、ガールズファイト!

思えば、ネイガーがあれだけ苦戦するエフリコギをマイちゃんはふっ飛ばすし、エラちゃんのどつきは痛いらしい。エフリンが予期せぬ攻撃だからだろうけど、ネイガーワールドは女性優位で回っているような気がしてなりません。

一方、エフリコギをしりぞけるネイガーは、かっこいいのは勿論として、何だか可憐にも見えます。ちょっとヒロインっぽい感じが……、しませんか?(笑)

綺麗に晴れた空の下で、通常ショーの楽しさを満喫したこの日……

でしたが、気になることも少々。

スタッフ側が握手会の準備を終える前から、駆けだして列を作りだしているおともだち。ショーの後はネイガーと握手、というのが刷り込まれていることは分かりました。でも、ネイガーは全員と握手してくれるので、慌てる必要はないのです。

握手待ちで並んでいる間は、みんながマナーを守って待っている印象が強いのですが、並び始めの空気が、ちょっと騒然としちゃっている気がしました。
ソファに立って見ている大人にも、ご自分の行動を見つめ直してほしいし。

また、握手後に、カメラを持っている大きなおともだちがシャッターチャンスをもらえるのですが、お子さんたちが横滑りしてきて、間を遮られてしまうこと、踏んでしまいそうになることが、時々あります。これは写真をうまく撮れないということだけでなく、ファインダーをのぞいている大人の肘がお子さんにぶつかったり、足元がよく分からなくて転ばせてしまったりする危険性もあるのです。

小さいおともだちは、充分に超神さんと握手&撮影をしてもらっているはず。少々身長のあるファンとしては、お楽しみを邪魔しないようずっと遠慮している面もあるので、最後だけは時間をくれないかな~?

保護者の方も、注意してくれるとありがたいです。

厳しい意見でしょうか? 生意気かもしれないですね。安全で楽しいショーをずっと見たいからこそ、今回はあえて書かせて頂きました!