秋田刑務所矯正展「社会を明るくする運動」で披露した"横手豪雪パンチ"

秋田刑務所矯正展「社会を明るくする運動」で披露した"横手豪雪パンチ"
オフィシャルサイトには掲載がありませんが、平成29年7月2日(日)も、超神ネイガーショー決定!!

2009年5月8日金曜日

超神ネイガーショー☆菜の花フェスティバルF

5/2、菜の花フェスティバルファイナルでの、超神ネイガーショーのレポです。

昨年の菜の花フェスでの、炎天下の記憶が強かったのですが、それに比べて今年は過ごしやすい気候で、気持ちのいい野外ステージに、MC行動班長・ゴンボホリー王子の声が響きました。

ホリー王子は、松食い虫の能力を持つ怪人です。具体的な破壊活動の内容が、菜の花フェス会場に展示されていましたよ。

登場時からかなりテンション高めで、王子らしからぬ「来いっ!」(「かも~ん♪」じゃないの!?)「やっちまえっ!!」なんて言葉遣いも飛び出しました。ちょっとキャラが変わってましたが!? 力強い口調が、会場の広さに合っていたと思います。

連れてきた戦闘員ホジーネは、ジャグリングを披露して、会場をわかせました。

ホジーネでは歯が立たないとなると、ホリー王子は、ネイガーにしばらくぶりのデゴリオットミサイル(やわらかそ~な、かわいい大根のミサイル。私が一番好きな武器です。)を持たせました。「発射!」のかけ声で、素直にネイガーが離したミサイルの弾道は、見事に?! ホリー王子へと★★★(誤爆)

ホリー王子は、午前は「大根は菜の花の仲間」、午後は「ブロッコリーも菜の花の仲間」と、捨て台詞のかわりに豆知識を叫んでいきました。菜の花フェスの関係者が喜びそうなトークですね。ホリー王子は、イベントの趣旨をトーク内に織り込むのがうまい。

運んできたのは、大湯ストーンサークルでしたけど……? ホリー王子の紹介によると、午前は「秋田美人製造機」であり、午後は「秋田美人に贈る、超重量トロフィー」でした。一面に咲いた美しい菜の花を、「秋田美人に全部おひたしにしてもらって食べる」という、雄大な作戦だったらしいです、が?

「フフフフ…、ハハハハハ……!」

古典的な笑い声を立てて、(昔から、大物は笑いながら登場することになっている。)もう一人の班長・エフリコギがやってくると、ストーンサークルにはタイムマシン的機能がある、と説明。庶務会計で事務方にいたせいか、過去のデータ分析および活用(?)に、余念がないです。
未来から怪人を呼び出す方法は  というデータは、受け入れがたそうで、しばらく勿体つけてましたけど、結局は石に向かって、ぶりぶりーーー♪ しました。エフリーン、腕をぱたぱたさせる動きがめんこい(訳:可愛い)。

おならのせいでホジナシの匂いが強くしたからか、ネイガーがやってきちゃいました。「焼き付け刃では無理であったか」とエフリちゃんは、これまた古風な言葉遣いで唸っていましたが、

ちょっと経ってから、100年後の秋田から、スコタマハンカクサイ出現! 怪人、というか、怪虫と言ってもいいかも。「スコタマ ハンカクサイ!」と名前が呼ばれると、初めて見るお客さんは大ウケです! スコタマハンカクサイって、秋田弁で「とっても中途半端」「かなりダメっぽい」というような感じの意味ですから。

「来ちゃったもんね~♪」
楽しそうな口調だったな~。声もノリも、現代のハンカクサイとは大きく変わりました。100年後のハン氏は、さらなるパワーアップによって、原型をとどめないキャラクターへと変貌を遂げていくのかもしれません。それも面白いかもしれませんね。

エフリコギ、スコタマハンカクサイの重量クラス、プラス王子に囲まれて、ネイガーは大ピンチをむかえます。

味方も100年後からやってきました、ビガビガG☆ 「曾孫のケンタ!」とネイガーが呼ぶと、近くのお客さんがまたしても大爆笑! ケンタ、ケンタ、というたび、笑いのツボに入るらしかった。お知り合いにでもいるのでしょうか、ケンタ君。

華麗な連続W攻撃へ。

まずは、ネイガーが「カマクラナックル」をかまえ、ビガGも「カマクラナッコー・G」を装着。合わせて、ホリー王子も久々の「デコナックル」でしたが、威力のほどは……??? ホリー王子を見舞う、ネイガーたちのダブル豪雪パンチ★ 一発だって大変そうなのに、かわいそうだったかも(笑)。

やられたホリー王子は、「ETCが安いのを利用して、ハワイまで行っちゃうもんね~」と言いながらのご退場でした(行けるか?)。この段階では気づきませんでした、このセリフがGW特別版への伏線になっていたとは!!

スコタマハンさんには「ダブル比内鶏クラッシュ!」、エフリちゃんには、世代を超えて「鳥海ダブルキック!」での勝利でした。

今回のケンタ(G)君は、田植えの手伝いに来たそうです。しかし、アキタケン(ネイガー)さんちの田植え機は調子が悪くて、今年は手植えなんだってよ。が~ん★ と、カルチャーショックな効果音が響き渡りました。これぞローカルヒーローショーというわけだ。

ネイガーとGが登場すると、曾じいちゃんと曾孫の会話が入るところがいいのです♪ 連休中の会場は家族連れが多いし、菜の花フェスには親子だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんも訪れる傾向があったようなので、ほのぼのした空気になりました。

対話って、大事だよね。(しんみり)